ケア八ウスとは?|定年退職後の老後の住まい計画

元気な高齢者向け住宅、ケアハウスとは?

ケアハウスは、身のまわりのことはある程度できるが、一人暮らしには不安があるシニア向けの施設です。

 

スタッフが24時間常駐しているので、いざというときには助けてもらえます。

 

大半のケアハウスは大浴場を完備。食事も施設のレストランで提供されます。外出や、外泊も自由なので、国内旅行、海外旅行や観劇等を楽しむのもOK。

 

地域のみなさんとの交流などにも参加できます。もちろん、家族、親戚の方、友人の訪問も自由。入居者同志の趣味等の交流、サークル活動などもあります。

 

注意点は、介護ができる体制が整っていないところ。多くのケアハウスでは、介護保険の要介護認定を受けて、デイサービスや訪問介護を受けることになります。重度になったり、認知症が進行したりすると、別の介護施設へ住み替えなくてはなりません。

 

介護施設への住み替えに抵抗がある人は、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているケアハウスに入るという選択肢もあります。
「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているケアハウスでは、職員による介護が受けられます。要介護でも住み続けることができます。

 

費用に関しては、家賃の負担が必要になります。
入居一時金として、家賃数年分を一括納付するところや、一部を納付するところ、月々の分納となっているところなど様々ですので、入居前にしっかり確認しておくことが必要です。

 

ケアハウスのパンフレットは下記のサイトで無料請求できます。
できるだけ多くの施設を比較して、老後の住まい選びに役立ててください。

 

高齢者向け住宅比較HOME'S介護(ホームズ介護)HOME'S介護