サービス付き高齢者向け住宅の費用|定年退職後の老後の住まい計画

サービス付き高齢者向け住宅の費用はいくらぐらいかかる?

サービス付き高齢者向け住宅の費用は、有料老人ホームなどに比べると、安めに設定されています。

 

費用は、月20万円台の元会社員の世帯(厚生年金受給者)を想定しています。入居時に高額な一時金が必要な有料老人ホームに比べると、利用しやすいお値段です。

 

≫≫有料老人ホームとの費用比較はこちら≪≪

 

サービス付き高齢者向け住宅の家賃は、近隣の家賃相場並みの価格が設定されています。都心部を例にあげると、賃料7万円ぐらいから。それに、共益費や管理費などが2万円、食費は3万5000万円ぐらい。介護保険や医療保険の自己負担分が4万円、管理費などあわせるとで、月額17万円ぐらいです。

 

高齢者住宅財団の調査によると、昨年、高専賃4万464戸を対象に行った調査では、家賃(月額)の平均は約6万252円、共益費や生活支援サービス費などを合わせた月額の生活費は、13万から16万円ぐらい。

 

家賃は、地域や事業者によって違うので、ある程度の幅はあります。パンフレットなどで、おおまかな金額を確認し、詳細はそれぞれの施設に問い合わせてみてください。

 

サービス付き高齢者向け住宅のパンフレットは、下記のサイトで無料請求できます。うまく活用して、老後の住まい選びに役立ててください。

 

高齢者向け住宅比較HOME'S介護(ホームズ介護) HOME'S介護