住宅型有料老人ホームとは?|定年退職後の老後の住まい計画

有料老人ホーム(住宅型)とは?

住宅型有料老人ホームはどちらかといえば、元気なシニアの方向けの有料老人ホームです。

 

食事、緊急時対応など、生活支援サービスは提供されます。

 

ホーム内には職員が常駐していますので、いざというときには安心です。

 

介護サービスが必要になったときには、自分で別途、契約する必要があります。これは、自宅で介護サービスを受ける場合と同じで、介護保険の要介護認定を受けて、訪問介護などのサービスを利用することになります。
介護サービス事業者も、自分で好きなところを選べます。
訪問介護事業も行っている有料老人ホームもありますが、その場合でも自分にあった事業者を選べます。

 

比較的重度になっても住み続けられる、住宅型有料老人ホームも増えていますが、認知症が進行すると、退去しなくてはいけない住宅型有料老人ホームもあります。

 

どれぐらいまで住み続けられるかを契約前に、チェックしておきましょう。

 

住宅型有料老人ホームのパンフレットは、下記のサイトで無料請求できます。
うまく活用して、老後の住まい選びに役立ててください。

 

高齢者向け住宅比較HOME'S介護(ホームズ介護)HOME'S介護