介護付有料老人ホームとは?|定年退職後の老後の住まい計画

有料老人ホーム(介護付)とは?

介護付き有料老人ホームは、介護が提供できる設備や人員などの基準を満たした、有料老人ホームです。介護保険の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた有料老人ホームがこの介護付き有料老人ホームにあたります。

 

健康なうちは、食事の提供や緊急時対応などの生活支援を受けながら、生活することができます。介護が必要になったときには、要介護認定を受けて、介護サービスを利用することになります。

 

ホームの職員によって介護が提供される場合と、ホームが契約した外部の事業者によって提供される場合の2種類があります。

 

要介護者3人(要支援者は10人)に対して職員1人以上が配置されます。介護や食事などのサービスが提供されます。

 

ホームによっては、認知症が進むと退去しなくてはいけないところもあります。入居前に、重要事項説明書などで、しっかりと確認しておきましょう。

 

介護保険制度が始まって、自己負担額が減ったこともあり、介護付き有料老人ホームの入居者数が増えています。特別養護老人ホームは待機者多く、なかなか入れないため、介護付き有料老人ホームを選ぶ人も増えています。

 

ただ、介護付き有料老人ホームは自治体ごとに、入居者数の総量が決まっているので、地域によっては入居しづらいところもあります。

 

費用は、多くの施設で入居一時金などが必要となり、中には数千万円かかるような施設もあります。
入居一時金は、居室や共用設備などを利用する権利を得るためのものです。
入居一時金がない有料老人ホームもありますが、入居一時金相当分のお金を毎月の費用に含めてあるので、合計の負担額は、それほどかわりません。

 

介護受ける際、介護保険のサービスとはべつに、付き添いや外出介助などの個別サービスを依頼したりすると、別料金がかかる場合もあります。入居前に、介護保険で適用されるサービスの範囲も確認しておきましょう。

 

介護付有料老人ホームのパンフレットは、下記のサイトで無料請求できます。
うまく活用して、老後の住まい選びに役立ててください。

 

高齢者向け住宅比較HOME'S介護(ホームズ介護)HOME'S介護