サービス付き高齢者向け住宅の長所|定年退職後の老後の住まい計画

サービス付き高齢者向け住宅のメリット

バリアフリーや安否確認など、最低限のサービスが利用できる。

持ち家や、一般の賃貸住宅に比べると、このサービスが高齢者にとっては重要です。
いまは元気でも、老いは必ずやってきます。
そのときのために、バリアフリーや安否確認は、絶対に必要です。

 

都道府県に登録された事業者が運営にあたる

事業者と入居者の間でトラブルがおこらないよう、高専賃よりも行政の監視が厳しくなりました。

 

「家賃、敷金、サービス費以外のお金を請求された」
「長期入院などの理由で、事業者側から一方的に、退去を求められた。」

 

などのトラブルを回避できます。

 

サービス面などで問題があった場合は、自治体が立ち入り検査や改善命令したりします。

 

事業者に対して、
「サービス内容、費用などの書面を、契約を結ぶ前に交付すること」
「重要事項説明書を交付すること」
などが義務付けられています。

 

 

価格が手ごろ

入居時に高額な一時金が必要な有料老人ホームなどに比べると、金銭の負担は少なくなります。

 

サービス付き高齢者向け住宅の家賃も、近隣の家賃相場並みの価格設定となります。

 

もちろん、家賃は事業者によっても違うので、同じ地域でも金額の差はあります。

 

 

サービス付き高齢者向け住宅のパンフレットは、下記のサイトで無料請求できます。
うまく活用して、老後の住まい選びに役立ててください。

 

高齢者向け住宅比較HOME'S介護(ホームズ介護)HOME'S介護